読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新型コロナ最多58人感染 直近2週間若年層41%

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県と新潟市は31日、新たに58人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの感染者数としては、5月11日公表の55人を上回り、過去最多。県内の感染確認者は計4017人となった。

 内訳は新潟市27人(中央区15人、東と秋葉区各3人、西区2人、市内滞在中と江南、北、南区各1人)、新発田市7人、長岡市6人、南魚沼、妙高市各3人、小千谷、阿賀野、胎内、上越市、聖籠町各2人、加茂市、津南町各1人。このうち7人が県外との往来があり、20人の感染経路がわかっていない。新発田保健所管内の会社関連では新たに7人の感染が判明し、計13人となった。

 県内での感染者数は7月に入ってから急増し、特に若年層での感染が広がっている。県によると、5月のピーク時の感染者の割合は、60歳代以上が30%、10~20歳代が21%。これに対して直近2週間(15~28日)は、ワクチン接種が進んでいる60歳代以上が7%と減少したのに対し、10~20歳代は41%と大幅に増加した。

 感染者数は14~20日の週で130人、21~27日の週で219人と急増している。県は今月末には週1000人規模になる危険性もあるとして警戒感を強めており、基本的な感染対策の徹底と県外往来を控えるよう呼びかけている。

 県感染症対策・薬務課の星名秋彦課長は「デルタ株は若い方でも中等症以上になるケースがある。医療の 逼迫ひっぱく を防ぐためにも、ワクチン接種の前向きな検討をお願いしたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2251518 0 ニュース 2021/08/01 05:00:00 2021/08/01 05:00:00 2021/08/01 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)