三条市への寄付15億円に ふるさと納税 返礼品人気集める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ふるさと納税の寄付額が15億円を超え、くす玉を割って喜ぶ滝沢市長(12日、三条市役所で)
ふるさと納税の寄付額が15億円を超え、くす玉を割って喜ぶ滝沢市長(12日、三条市役所で)

 ふるさと納税事業へのてこ入れを図ろうと、ふるさと納税担当の最高マーケティング責任者(CMO)を昨年から採用している三条市は12日、2021年度のふるさと納税寄付額が前年度の2倍超となる15億円に上ったと発表した。

 同市は昨年10月、外資系のエンターテインメント企業などでの勤務経験がある沢正史さんをCMOに迎え、広告戦略の強化や電子感謝券の導入などに取り組んできた。地域活性化に向けた包括協定を結んで返礼品として活用している同市のアウトドア用品メーカー「スノーピーク」のアウトドア商品のほか、果物などの農作物も人気を集めたという。

 滝沢亮市長は12日の記者会見で、「全国の三条市を応援してくださる方々の気持ちが寄付額につながった」と感謝の言葉を述べた。22年度の目標額は25億円に設定し、「目指すだけでなく、必ず達成する。沢CMOを筆頭に、三条市一丸となって(事業を)進める」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2916668 0 ニュース 2022/04/13 05:00:00 2022/04/13 05:00:00 2022/04/13 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220412-OYTNI50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)