宇佐市新庁舎あす内覧会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇佐市役所の新庁舎が完成し、23日に市民向けの内覧会が開かれる。現在は各部局の引っ越し作業が続いており、来年1月6日から業務をスタートさせる。

 新庁舎は本庁舎の北隣に建設され、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)5階建てで、延べ床面積約1万2000平方メートル。震度7の地震にも耐えられる基礎免震構造を採用し、有事の際に司令塔機能を担う危機管理センターを新設した。

 1971年に完成した本庁舎をはじめ7棟の建物に分散していた各部局が1か所に集約されるため、利便性が向上する。市民の利用が多い市民生活、福祉保健各部は1階、市長室や総務部、教育委員会、危機管理センターは3階、議会は4階に入る。

 新庁舎は昨年1月に着工し、今年10月に完成した。総事業費は約49億7000万円。今後は市教委棟や本庁舎、議会棟を順次取り壊し、駐車場や広場を整備する。

 内覧会は23日午後1時~4時。新庁舎1階多目的ホールで午後3時半までに受け付けが必要。問い合わせは市庁舎建設準備室(0978・27・8120)へ。

無断転載禁止
911712 0 ニュース 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ