日田出身・真子さん 仏の勲章受章 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日田市出身のマナコフラワーアカデミー(東京都町田市)学院長、真子まなこるみ子さん(57)(相模原市)が、フランス各地で日本の花文化を広めたとして、フランス農事功労章を受章した。真子さんは13日、市役所で原田啓介市長に報告し、「世界中に花の魅力を伝えていきたい」と話した。

 フランスの農業、食文化の普及などに貢献した人に贈られる勲章。真子さんは実家の生花店を手伝った後、22歳で上京した。同アカデミーの研修会に参加し、フラワーデザインの道を歩み始めた。

 「アレンジした花に動きが感じられる」と評判を集め、タイや中国、イタリア、インド、ベルギーなどでも生け花やフラワーデザインを指導。2011年に学院長に就任した。

 02~08年にフランスに居住。その後もたびたび訪れ、生け花の展示やデモンストレーションなどを行ってきた。今年1月に受章の通知があり、9月に授与式が行われた。

 市役所で原田市長に勲章を披露した真子さん。「いろんな人との出会いがあり、受章できた。勲章の重みを次世代につなげられるよう、責任を持って今後も活動していきたい」と話した。

 真子さんの義理の母で、アカデミー会長のやすこさん(84)にもこのほど、同章受章の通知があったという。

無断転載禁止
949812 0 ニュース 2019/12/14 05:00:00 2019/12/14 05:00:00 2019/12/14 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ