「おひなまつり」飾り付け始まる 日田

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日田市で開かれる「天領日田おひなまつり」(2月15日~3月31日)を前に、会場の一つである豆田町の旧商家・草野本家で20日、ひな人形の飾り付け作業が始まった=写真=。

 展示するのは、江戸時代中期から明治時代初期にかけての178体。約300年前の「享保びな」や、日田ヒノキで作った幅3.6メートルの御殿と42体の人形がセットの「御殿びな」などがある。

 20畳の奥座敷に6段のひな壇が設置され、館長の草野康子さん(65)ら6人が過去に撮影した写真と見比べながら人形や小物などを並べていった。草野さんは「人形それぞれに歴史、物語がある。じっくり見て楽しんでほしい」と話している。

 まつりでは豆田町や隈町などの十数か所で、ひな人形が飾られる。草野本家の展示は3月22日まで。

無断転載禁止
1010118 0 ニュース 2020/01/21 05:00:00 2020/01/21 05:00:00 2020/01/21 05:00:00 ひな人形を飾り付ける草野さん(日田市豆田町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200120-OYTNI50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ