読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「共食」の魅力発信大使 高木選手とニータン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

宮迫部長(右)から委嘱状を受け取る高木選手とニータン
宮迫部長(右)から委嘱状を受け取る高木選手とニータン

 県は、人と食事をする楽しさや食の大切さを発信してもらおうと、サッカーJ1・大分トリニータの高木駿選手(30)とチームのマスコット「ニータン」を「みんなでいただきます大使」に任命した。

 県は食育の一環で、家族らと一緒に食事する「共食」の魅力発信に取り組んでいる。大使の任命は初めてで、若い世代への発信力に期待したという。県が実施する共食イベントへの出演や、SNSなどでの情報発信に協力してもらう。

 県庁で17日、委嘱状を受け取った高木選手は「自分の子どもやチームメートとご飯を食べるのは楽しい。そういうことを広く発信したい」と意気込んだ。生活環境部の宮迫敏郎部長は「食の大切さと楽しさを伝えてもらいたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1014145 0 ニュース 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 宮迫部長(右端)から委嘱状を受け取る高木選手とニータン https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200122-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)