佐伯のファーム「トマト食べて」 渡町台小に贈る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 糖度の高い「塩熟えんじゅくトマト」を佐伯市女島の農業生産法人「サニープレイスファーム」(山田智治代表)が渡町台小の子どもたちに贈った。

 屋外授業でハウスの前を通りかかった3年生がトマトをもらったことがきっかけ。学校側が7月の給食メニューにしようと連絡したところ、ファーム側が約700個を無償で提供することになった。

 体育館で9日に贈呈式があり、山田代表は「おいしいトマトをみんなで食べてください」と手渡した。

 引き続き、ファームの三股直史係長が3年生90人を前にトマトの作り方を紹介し、畑作ではなく、水耕栽培で甘さを引き出していることを説明した。

無断転載・複製を禁じます
1365192 0 ニュース 2020/07/26 05:00:00 2020/07/26 05:00:00 2020/07/26 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ