「うれしい」ファンら笑顔 豊肥線再開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

合図を送る駅長と県のマスコットキャラクター・めじろん(JR大分駅で)
合図を送る駅長と県のマスコットキャラクター・めじろん(JR大分駅で)

 2016年の熊本地震で被災したJR豊肥線が4年4か月ぶりに全線再開した8日、熊本県まで列車がつながった県内でも、開通を祝うイベントが開かれた。沿線の駅では、熊本のご当地キャラクターを描いた看板が利用客を出迎えている。

 大分市のJR大分駅では8日朝に出発式があり、JR九州大分支社の貞苅路也支社長が地域の方々への感謝を述べ、関係者とテープカットをした。

 午前8時7分に甲斐裕明大分駅長の合図で、熊本行きの「九州横断特急2号」が出発。集まった鉄道ファンらが記念撮影をしたり、手を振ったりしていた。

無断転載・複製を禁じます
1397298 0 ニュース 2020/08/09 05:00:00 2020/08/09 05:00:00 2020/08/09 05:00:00 出発の合図をする甲斐駅長とめじろん https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200808-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ