読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

三日月の滝 遊泳禁止看板 玖珠町設置 過去にも死亡事故

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

玖珠町が新たに設置した遊泳禁止の看板(20日、玖珠町で)
玖珠町が新たに設置した遊泳禁止の看板(20日、玖珠町で)

 玖珠町山浦の「三日月の滝」で男子大学生が死亡した水難事故を受け、町は遊泳禁止を呼びかける立て看板を新たに設置した。現場では2007年や16年にも死亡事故が起きている。町は紛失や流失しないように、9月上旬に埋め込み式に替える方針だ。

 玖珠署によると、事故は12日夕に発生。滝に遊びに来ていた大分大の男子学生(21)が15日、滝つぼで遺体で見つかった。

 滝つぼは深いところで約10メートルあり、前日に雨が降って水位も増していた。一緒に訪れていた友人は「急に足がつかなくなり、危険を感じて岸に戻ろうとしたところ、(男子学生が)流されていた」と話したという。

 現場では、07年に福岡市の男性(当時50歳代)、16年には同市の男子大学生(当時20歳代)が亡くなっている。

 町によると、今回の事故を受け、「滝つぼ付近危険 泳がないで 玖珠町」と書いた看板を作った。当面の措置として、17日に滝に向かう道の3か所に設置した。現場には規制線が張られた場所もある。元々看板はあったが一時なくなったことがあったため、埋め込み式にして滝付近に数か所設置する方針。

 玖珠町企画商工観光課の衛藤正課長は「痛ましい事故が起こらないように注意喚起したい」と語った。

 町を管轄する日田玖珠広域消防組合消防本部は「遊泳が禁止されていても、看板が倒れたり、流されたりしてなくなっている場所もある。遊泳する際は管理者を調べて確認するように」と注意を促す。

 全国の水難事故マップを作成している公益財団法人・河川財団(東京都)は「川は穏やかそうに見えても流れが激しかったり、急に深くなったりする箇所がある。危険を回避するため、ライフジャケットを着用してほしい」と呼びかけている。(石橋龍馬)

無断転載・複製を禁じます
1441341 0 ニュース 2020/08/30 05:00:00 2020/08/30 05:00:00 2020/08/30 05:00:00 新たに設置された遊泳禁止の看板(20日午後1時58分、玖珠町の三日月の滝で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200829-OYTNI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)