「コロナに負けるな」絶叫 由布で大会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 雄大な自然の中で大声を出してうっぷんを晴らす恒例の「由布院牛い絶叫大会」が4日、由布市湯布院町川上の並柳牧場で開かれた。新型コロナウイルスの終息が見通せない中、フェースシールドを着けた参加者たちは、「みんな頑張ろう」「コロナに負けるな」とエールを送った。

 由布院温泉観光協会などでつくる実行委員会の主催で46回目。例年800人ほど訪れるが、コロナ禍を踏まえ、参加者は事前に予約した100人に絞り、審査基準も声の大きさではなく、内容にした。

 「豊後ゆふいん牛」のバーベキューを楽しみながら、希望者約30人がススキの穂で囲まれたステージに立った。「コロナのせいで修学旅行は0泊2日、運動会も午前中まで。コロナ、うちらの青春返せ~」と叫んだ由布院小6年の阿南有珠奈ゆずなさん(12)が小学生以下の部で絶叫大賞を受賞した。阿南さんは「叫んですっきりした」と笑顔だった。

無断転載・複製を禁じます
1521282 0 ニュース 2020/10/05 05:00:00 2020/10/05 05:00:00 2020/10/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ