焼酎ハイボールの新商品 三和酒類

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新商品を披露する下田社長(左)と是永修治市長
新商品を披露する下田社長(左)と是永修治市長

 麦焼酎「いいちこ」で知られる宇佐市の酒造会社「三和酒類」が、缶入りの焼酎ハイボールの販売を始めた。下田雅彦社長が5日、市役所を訪問し、新商品を披露した。

 新商品は“下町のナポレオン”の愛称で親しまれている本格麦焼酎をハイボールに仕上げた「いいちこ下町のハイボール」(350ミリ・リットル入り、税別175円)。アルコール度数7%で、カボス風味のスピリッツ(蒸留酒)だけを加えたシンプルな味わいが特徴。

 新商品は9月上旬から大手コンビニエンスストアで販売を始め、売り上げは好調という。酒販店にも販路を広げ、来年7月末までに約1000万本の出荷を目指している。

 下田社長は「アルコール類の多様化で焼酎離れが懸念される中、特に若い世代に本格焼酎のおいしさをアピールしたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1524355 0 ニュース 2020/10/06 05:00:00 2020/10/06 05:00:00 2020/10/06 05:00:00 新商品を披露する下田社長(左)と是永市長=河村輝樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201005-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ