読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

初代監督に元G広田氏 大分のプロ球団

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

広島に連勝し、試合終了後に仲間と抱き合う巨人時代の広田氏(1992年5月、東京ドームで)
広島に連勝し、試合終了後に仲間と抱き合う巨人時代の広田氏(1992年5月、東京ドームで)

 大分市の新しいプロ野球球団「大分B―リングス」の初代監督に、読売巨人軍で投手として活躍した広田浩章氏(56)が就任することが関係者への取材でわかった。広田氏は読売新聞の取材に「日本野球機構(NPB)に行ける選手を一人でも多く育てたい」と述べた。球団は12月1日、大分市内で記者会見を開いて発表する。

 広田氏は山口県出身。萩商高(現・萩商工高)からNTT中国を経て、1985年にドラフト2位で巨人に指名された。斎藤雅樹、桑田真澄、槙原寛己の「3本柱」を中心に投手王国と呼ばれた時代に中継ぎ右腕として活躍した。

 福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)やヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)などにも所属し、通算成績は29勝19敗30セーブ。

 大分B―リングスは9月末に設立された。九州初の独立リーグを運営する「九州独立プロ野球機構」に熊本の「火の国サラマンダーズ」と2球団で参入し、トライアウトやスカウトで所属選手を集めた。開幕は来年3月20日を予定している。

 監督は初めてという広田氏は「ファンの皆さんには、選手が成長する姿を球場で見て、野球を楽しんでほしい」と意気込みを語った。

無断転載・複製を禁じます
1653176 0 ニュース 2020/11/26 05:00:00 2020/11/26 05:00:00 2020/11/26 05:00:00 プロ野球 巨人7-4広島 巨人は1点リードされた2回、無死1、2塁から大久保の移籍後初本塁打となる左中間3ランで逆転。3、4回に加点したあと、8回、2死2塁から緒方の中前打で1点加え勝負を決めた。巨人は4月24日以来の連勝。広島は2度目の3連敗。広島に連勝し、試合終了後、ヒーロー大久保博元と抱き合う広田浩章。東京ドームで。1992年5月17日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201125-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)