読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県内、大雪の恐れなくなる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

氷の上に雪が積もった宇佐神宮境内の池(10日午前10時25分)
氷の上に雪が積もった宇佐神宮境内の池(10日午前10時25分)

 県内では10日、冬型の気圧配置が緩み、大雪が降る恐れはなくなった。雪が残っている場所もあるため、大分地方気象台は道路の凍結に引き続き注意を呼びかけている。

 気象台によると、午後5時現在の最低気温は、玖珠町で氷点下6・6度、由布市で同5・9度。宇佐市では同4・7度を観測し、宇佐神宮の境内の池に張った氷に雪が積もった。国東市武蔵では午前9時時点で7センチの積雪が確認された。

 中津市では10日も約2万8000世帯を対象に給水制限が続いた。水道管の凍結による漏水箇所を確認している。

無断転載・複製を禁じます
1760951 0 ニュース 2021/01/11 05:00:00 2021/01/11 06:25:38 2021/01/11 06:25:38 宇佐神宮境内の池は氷が張って雪が積もっていた(10日午前10時25分、宇佐市で)=河村輝樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210110-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)