読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

諭吉の胸像間近で見て 中津の旧居

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

足場から間近に見られる福沢の胸像
足場から間近に見られる福沢の胸像

 慶応義塾の創立者福沢諭吉(1835~1901年)が暮らした中津市留守居町の旧居の庭にある胸像が12、13日、清掃作業用に仮設した足場から間近で見学できる。

 2年に1度の清掃を終え、旧居を管理している福沢旧邸保存会が撤去する前に活用することにした。

 現在の胸像はブロンズ製で1948年に設置された。高さは台座を含めて3・9メートル、幅1・35メートル。保存会の泉史朗事務局長は「めったにない機会。意外と大きい顔を間近で見てほしい」と話した。

 午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)。入館料は高校生以上400円、中学生以下200円。未就学児や不安定な履物での見学は不可。雨天中止。問い合わせは福沢諭吉旧居・福沢記念館(0979・25・0063)へ。

無断転載・複製を禁じます
2116042 0 ニュース 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 ネット可。足場から胸像の顔を間近に見られる(9日午後2時16分)=河村輝樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)