読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

津久見港―保戸島 フェリー事業者撤退へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

津久見港と保戸島を結ぶフェリー「ニューやま2号」
津久見港と保戸島を結ぶフェリー「ニューやま2号」

 津久見市の津久見港と離島・保戸島を結ぶフェリーの運航事業者が、2022年9月末で撤退することが分かった。市は航路維持のため、事業者を探している。

 市によると、1990年に市営だった航路を市内の事業者が引き継いだ。マリンスター(定員153人)、ニューやま2号(同98人)の2隻で1日6往復している。

 経営者が高齢となり、船員不足などを理由に市に撤退を打診していた。市は事業者を募集したが、応募がなかったという。

 島の人口は約600人。利用者は年々減少して7万人前後で推移し、昨年は新型コロナウイルスの影響で約5万人まで落ち込んだ。国、県、市の補助を受けて運営している。

 川野幸男市長は「島民の大事な足なので航路は維持しなければならない。どういう方法がいいのか考え、準備を進める」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2298816 0 ニュース 2021/08/20 05:00:00 2021/08/20 05:00:00 2021/08/20 05:00:00 津久見と保戸島を結ぶフェリー「ニューやま2号」ネット可 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210819-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)