老老介護 相次ぐ悲劇

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

森岑生さんの遺体が見つかった民家(11月17日、井原市井原町で)
森岑生さんの遺体が見つかった民家(11月17日、井原市井原町で)

 ◇井原・認知症の夫殺人容疑

 ◇背景事情 自治体が検証を

 井原市で11月、認知症の夫(74)を殺害したとして同居の妻(71)(鑑定留置中)が殺人容疑で逮捕される事件が起きた。捜査関係者によると、妻は県警に「夫の介護がつらかった」と供述したという。高齢者が高齢者を介護する「老老介護」を巡る事件は全国で後を絶たず、専門家は「自治体などが事件が起きた背景事情を検証し再発防止に取り組むべきだ」と指摘している。(大背戸将)

 ◆自殺準備か

 県警によると、事件が発覚したのは11月16日朝。井原市井原町の森岑生みねおさん宅を訪ねたデイサービスの職員が、浴室内で死亡している岑生さんを見つけた。その際、妻の典子容疑者は室内にいたという。県警は典子容疑者が岑生さんを浴槽内に押さえつけて水没させ、殺害したのを認めたため、同日夜逮捕した。

 典子容疑者は調べに対し、「認知症の夫の介護がつらかった」と供述。その後は「大変なことをしてしまった」と反省の言葉も漏らしているという。うつ病の症状がみられ、自宅内にはひもがあったことなどから、県警は、典子容疑者が自殺の準備をしていたとみている。

 典子容疑者は岑生さんと2人暮らし。約10年前から同所で暮らし始めたといい、近隣住民は「2人とも物腰が柔らかい、仲の良い夫婦だった」と声をそろえる。

 認知症の症状が目立ち始めたのは5年ほど前から。ある女性は「温厚だった岑生さんが短気になり、介助する奥さんに乱暴な態度で接しているのを見たことがある」と振り返る。岑生さんが利用するデイサービスの職員が定期的に訪問していたが、別の住民女性は「(典子容疑者は)介護に疲れていたのか、特に痩せたようだった」と話した。

 認知症の親を介護した経験がある女性は10月頃のやり取りを覚えている。親が怒りっぽくなって暴力を振るわれた自身の経験を打ち明けると、典子容疑者は「やっぱりそうなんだ」とだけ答えたといい、女性は「ずっと抱え込んでいたのか。もう少し踏み込んで聞けば……」と声を落とした。

 ◆1週間に1件

 高齢者介護を巡る事件は全国で後を絶たない。読売新聞が2016年に実施した調査では、ほぼ1週間に1件のペースで殺人などの重大事件が起きていた。

 県内でも相次いでおり、総社市では15年、入院中の妻(70歳代)が使う胃ろう用栄養剤に除草剤を入れた夫(同)が逮捕される事件が発生。夫は「介護に疲れた。一緒に死んで楽になろうと思った」と供述した。今年11月にも介護疲れが動機とされる夫婦の無理心中事件が倉敷市で起きている。

 県によると、県内の65歳以上の要介護者(要支援者も含む)は17年4月時点で約11万人。07年からの10年間で3割増加しており、県警幹部は「同様の事件が増える可能性はある」と話す。

 ◇市に相談 共有されず

 自治体は高齢者虐待案件について発生要因を調べている。厚生労働省によると、16年度に確認した家族や同居人などの養護者による虐待件数は1万6384件。内容が判明した4525件のうち最も多かったのは「介護疲れ」で、1241件(27%)だった。

 重大事件を受けて自治体が対応を検証する動きもある。再発防止策を検討するためで、総社市は15年の事件後、医者やヘルパーらが協議。事件の約1年前から夫が「不眠症やうつ病の症状がある」と話していたといった情報を共有できていなかったとして関係機関の連携強化に乗り出している。

 ただ「捜査中であれば情報が入手しにくい」「介護スタッフはなり手が少なく、批判的に調べるのは難しい」などとして、検証に後ろ向きな自治体も多い。

 今回の事件で井原市はどうなのか。市によると、典子容疑者側から事件前、家庭内の事情について、市に対して相談があったという。しかし、その内容は担当課内で共有されていなかった。市介護保険課の担当者は「詳細は捜査中なので明かせない」としたうえで「当時の対応について検証するかは検討中」としている。

 高齢者福祉に詳しい人間環境大の臼井キミカ教授(看護学)の話「検証すれば、多くのケースで『こうすれば良かった』という課題が見つかるはずで、その積み重ねが今後の事件を防ぐヒントになる。介護に関する一番の窓口は市町村。その自覚を持ち、地域包括支援センターなどと協力しながら、介護者のSOSを見逃さないような地域作りを進めていくべきだ」

無断転載・複製を禁じます
54276 0 NEWS EYE 2018/12/16 05:00:00 2018/12/16 05:00:00 殺人事件が発生した民家(11月17日、井原市井原町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181215-OYTAI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ