読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

笑顔咲く イギリス庭園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

道の駅みやま公園 玉野市

 敷地内に広がる「深山イギリス庭園」(7500平方メートル)。一角に立つと、絶世の美女の名を冠した梅「楊貴妃」が甘く香った。薄紅色の大きめの花は2月中旬に満開になり、陽気に誘われた愛好家らがスマートフォンを向けた。岡山市南区の主婦、片山安喜子さん(75)は「いい匂いで気分が晴れました」と園内を散策し、かれんなクリスマスローズに顔を近づけた。

バラを中心に四季の花が楽しめる深山イギリス庭園(玉野市で)
バラを中心に四季の花が楽しめる深山イギリス庭園(玉野市で)
パン工房などが入るヨーロッパ風の建物(玉野市で)
パン工房などが入るヨーロッパ風の建物(玉野市で)
パン工房の「米粉食パン」
パン工房の「米粉食パン」

 この庭園は、英国の庭園デザイナー、ピーター・サーマン氏の監修で、バラなど約200種3000本を栽培する。英国の古城の趣をたたえる庭園で、6区画のテーマガーデンに仕切られて四季を彩る。

 4月中旬にはソメイヨシノより一回り大きい花びらの太白桜が咲き、5月中旬にはイングリッシュローズ16種100株が見頃になる。男性作業員は枝切りを続けながら「風通しをよくしてあげることで、美しい花が期待できる」と話した。

 小道を上ってベンチに腰をかけ、広場で元気にはしゃぐ子どもたちを眺めた。コロナ禍で忘れかけた光景に出会えた気がした。

 「五感に訴える庭園を存分に楽しんでもらうため、丹精しています」と言うのは、玉野市公園緑化協会の岡秀雄さん(51)。道の駅を囲む「みやま公園」のソメイヨシノの満開は4月に入ってからという。

 庭園を出て、ヨーロッパ風の建物の中にある「パン工房」に立ち寄った。2019年10月に開店した。玉野産の米粉食パンや、同じ建物内にある農産物直売所に出荷された野菜を使ったサンドイッチ、約40種の菓子パン・総菜パンが並び、食欲がそそられる。

 米粉食パンは、焼きたてプレーン、チーズ、レーズン、くるみの4種(税込み1斤580円から)あり、もちもち感とさくさく感を楽しめる。予約も受け付けている。レストランで人気だった紫芋のソフトクリーム(同1個350円)も復活した。

 この道の駅は1996年にオープンした。年間利用者は近年、約30万人で推移しているが、コロナ禍で近場志向が強まり、コロナ前には直売所などを訪れる地元客は全体の6割だったが、今は9割以上に上るという。

 駅長の金川洋一さん(56)は「3密を避けた公園でのウォーキングついでに、道の駅を訪れるリピーターもいます。いろんな楽しみ方をしてほしい」とPRする。(岡信雄)

玉野市オリジナルの「ガチャガチャ」
玉野市オリジナルの「ガチャガチャ」

缶バッジネゴさんが描く

 硬貨を入れてハンドルを回すと、おもちゃなどが入ったカプセルが出てくる通称「ガチャガチャ」。イベントを通じて玉野市を応援する吉本芸人のネゴシックスさんが「温玉めし」など市の名所や名物をデザインした缶バッジが中身となる同市オリジナルのガチャガチャが昨年12月、登場した。

 1回200円。「ネゴさんとは渋川海水浴場を盛り上げるイベントなどでつながり、得意なイラストを描いてもらいました」と市商工観光課の担当者。ネゴシックスさんは「(魅力的な)玉野市をガチャに詰め込みました」とのコメントを寄せた。

 道の駅みやま公園(玉野市田井2の4464)。JR宇野線宇野駅からバスで15分。同線備前田井駅から徒歩20分。車では岡山市から国道30号を南に35分、瀬戸中央自動車道児島インターチェンジから東に30分。施設によって休日などは異なり、深山イギリス庭園は水曜定休、農産物直売所は火曜定休。問い合わせは、同公園(0863・32・0115)、玉野市公園緑化協会(0863・21・2860)。

無断転載・複製を禁じます
1873290 0 道の駅 巡り 2021/02/28 05:00:00 2021/02/28 05:00:00 2021/02/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210227-OYTAI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)