読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

夜桜 春の陣

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ライトアップされた満開の桜と備中櫓(津山市で)
ライトアップされた満開の桜と備中櫓(津山市で)

 津山市の鶴山公園(津山城跡)で、満開の桜に包まれた備中やぐらが闇の中に浮かび上がる。華やかな昼間とはひと味違って、幻想的だ。

 県内で唯一「日本さくら名所100選」に選ばれている城跡。ソメイヨシノなど約1000本の桜が咲き誇り、ぼんぼりが夜桜の雰囲気を醸し出している。

 桜は誰が残してくれたのだろう。市発行の「津山城百聞録」などによると、地元の議員だった福井純一氏(1878~1957年)が中心となり、明治の廃城令によって石垣だけとなった城跡に桜の植栽を始めたと記されていた。

 当時、周囲の人は「城跡を桜で埋めるなんて」と笑ったが、私財を投じるなど、桜植栽に生涯の大半を費やしたという。

 現代に美しい桜を残してくれた津山の「桜守」に感謝し、シャッターを切った。(黒川武士)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1952714 0 令和百景@岡山 2021/04/01 05:00:00 2021/04/01 05:00:00 2021/04/01 05:00:00 ライトアップされた満開の桜と備中櫓(津山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210401-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)