読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

110メートルから落下 まるで白い布

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

高さ110メートルから豪快に流れ落ちる「神庭の滝」(真庭市で)
高さ110メートルから豪快に流れ落ちる「神庭の滝」(真庭市で)

 梅雨入り後、県内でも連日、夏を思わせる25度以上の夏日が続いた。涼を求め、真庭市の 神庭かんば の滝に足を運んだ。

 神庭の滝は、高さ110メートル、幅20メートル。西日本有数の落差を誇る 名瀑めいばく で「日本の滝百選」にも選ばれている。

 駐車場から滝近くの滝見橋まで約450メートル。道中は遊歩道が整備されており、水滴が水晶の玉を連ねた姿に見えることから名付けられた「 玉垂たまだれ の滝」などもある。

 緩やかな上り坂を進むと、新緑の谷間から滝が見えた。断崖絶壁に白い布が垂れているかのようだ。更に近づくと、水しぶきも感じられ、爽やかな風が心地よい。

 渓谷にはモミジやカエデが生い茂る。「秋の紅葉、冬の雪化粧も趣がある」と管理事務所の男性。滝の四季をカメラに収めるという宿題ができた。(黒川武士)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2172815 0 令和百景@岡山 2021/07/02 05:00:00 2021/07/02 05:00:00 2021/07/02 05:00:00 高さ110メートルから豪快に流れ落ちる「神庭の滝」(真庭市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYTAI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)