武蔵めぐり 楽しんで<智頭急行 岡山編>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鉄道の旅の記念となる「鉄印」。智頭急行の駅のうち、県内では大原駅(美作市)で入手できる。剣豪のふるさとやユニークな駅など、魅力的な観光地が沿線には広がっている。

全14駅56・1キロ

 智頭駅(鳥取県智頭町)から上郡駅(兵庫県上郡町)まで鳥取、岡山、兵庫の1市3町1村を走る。旧国鉄の経営再建の影響で中止されていた事業を、沿線自治体の出資する第3セクターが引き継いで1994年12月に開業した。

恋山形駅の構内には、ハート形の絵馬を掛けるスペースがある(鳥取県智頭町で)
恋山形駅の構内には、ハート形の絵馬を掛けるスペースがある(鳥取県智頭町で)

 普通列車は全14駅の56・1キロを1時間余りで走る。特急「スーパーはくと」がこの路線網を経由し、大阪―鳥取駅間を約2時間30分で結ぶ。

由来は剣豪

 二刀流剣術で知られる剣豪・宮本武蔵の生誕地として命名された宮本武蔵駅(美作市)は、全国でも珍しい、人名を使った駅だ。駅から南約800メートルに生誕地碑があり、近くの「武蔵資料館」には武蔵作とされる「瓢箪鯰図鐔ひょうたんなまずずつば」などの武具や刀剣、ゆかりの書画約50点を展示する。また、父母の墓と伝わる墓碑の横には、分骨したとされる武蔵の墓もあり、全国のファンが「武蔵めぐり」を楽しんでいる。

ピンクのホーム

宮本武蔵ゆかりの駅には、全国からファンが集う(美作市で)
宮本武蔵ゆかりの駅には、全国からファンが集う(美作市で)

 恋山形駅(鳥取県智頭町)は、派手なピンク色のホームが目を引く。駅名にちなみ「恋がかなう駅」としてPR。恋人たちに足を運んでもらおうと、ハート形の絵馬を掛けるスペースがあり、ホーム上の駅名表示の標識もハート形をしている。

 土日や祝日などに使える1日乗り放題の「智頭線1日フリーきっぷ」(大人1200円、子ども600円)、2人1組で2日間乗り放題の「普通列車ペアきっぷ」(2000円)などのお得な切符が販売されている。智頭急行営業課の長谷川千晶営業主任は「山間地域を駆け抜ける爽快感や、冬の雪景色などを楽しんでもらえたら」と話している。(門前光、黒川武士)

     ◇

ウメやサツキ 五つの文様

 智頭急行の鉄印=写真=は、沿線市町村の花や木をイメージした五つの文様を上下にあしらった。美作市のウメと西粟倉村のサツキのほか、鳥取県からは智頭町のドウダンツツジ、兵庫県は佐用町のヒマワリと上郡町のダリア。特急「スーパーはくと」にちなんだマスコットキャラクター「スーパーはくとくん」の印を中央に配し、その上から「智頭線」と記してある。

 記帳の際は乗車券の提示も必要。「実際に乗車して沿線地域の魅力を知ってほしいため」という。

 扱うのは、印刷された書き置き印。税込みで鉄印帳2200円、記帳料300円。大原駅や智頭駅、上郡駅で購入できる。在庫などの問い合わせは同急行(0858・75・6600)へ。

 各地域の「鉄印帳を携えて」も読めます。

無断転載・複製を禁じます
1556734 0 鉄印帳を携えて 2020/10/18 05:00:00 2020/10/18 05:28:26 2020/10/18 05:28:26 駅構内に設置された絵馬掛け(智頭町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYTAI50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ