読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

横断歩道では 目と手で合図

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県警が啓発活動

 横断歩道上での歩行者優先の意識を啓発する「目と手で合図!ストップ運動」を県警が行っている。歩行者が手を上げたり、アイコンタクトをしたりすることで、運転手に横断する意思を明確に伝える文化を根付かせるのが狙い。

 県警交通企画課によると、信号のない横断歩道に歩行者がいるのに停車しない運転手を摘発した際、「歩行者がスマホを見ており、渡るかどうかわからなかった」と説明するケースが多発。歩行者側にも明確な意思表示が必要として、「目と手で合図」などと印刷されたチラシ=写真=の配布や、交通安全教室での指導を行っている。

 横断歩道で一時停止する車の割合について、日本自動車連盟(JAF)が行った調査で県は全国ワースト3位と最低クラス。県警は取り締まりも強化し、運転手側にもルールを周知する。

無断転載・複製を禁じます
1651257 0 ニュース 2020/11/25 05:00:00 2020/11/25 05:00:00 2020/11/25 05:00:00 歩行者に意思表示を促すチラシ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201125-OYTNI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)