読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

地元盛り上げ プロの誓い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

卓球・リベッツ、バスケ・トライフープ

 岡山に本拠地を置くプロスポーツチームの関係者が28日、大森雅夫・岡山市長と伊原木知事のもとを訪ね、今後の活躍などを誓った。

大森市長を訪問したリベッツの選手ら(岡山市役所で)
大森市長を訪問したリベッツの選手ら(岡山市役所で)

 卓球・Tリーグ男子の「岡山リベッツ」は、30日の地元でのシーズン初戦を前に、大森市長を表敬訪問した。全日本選手権で準優勝した森薗政崇選手が「勝利でチームに貢献したい」と話すと、大森市長も「選手の活躍はすごかった。市民、県民が楽しみにしている」と激励した。チームは現在4チーム中3位。残り8試合中5試合は地元開催で、プレーオフ出場へ巻き返しを図る。

 30日午後2時から岡山武道館(岡山市北区)で行う試合は、初めて「岡山市民デー」として開催。市民100人が無料招待されるほか、来場者全員に記念ノートをプレゼントする。白神しらが宏佑こうすけ監督は「市民デーで勝利して、盛り上がっていけたら」と意気込んだ。

伊原木知事(手前中央)を表敬訪問した島田チェアマン(同右)と、中島代表取締役(同左)ら(県庁で)
伊原木知事(手前中央)を表敬訪問した島田チェアマン(同右)と、中島代表取締役(同左)ら(県庁で)

 一方、県庁にはバスケットボール・Bリーグの島田慎二チェアマンらが訪れた。島田チェアマンは昨年7月に就任し、Bリーグの所属チームがある自治体に就任あいさつを続けている。

 28日は、県内に拠点を置く同リーグ3部「トライフープ岡山」の運営会社の中島聡代表取締役とともに伊原木知事に面会し、支援などを要請。伊原木知事は「地元に根ざしたチームの存在は、地域活性化にもつながる」と応じた。島田チェアマンは「上のリーグのほうが、与えるインパクトが大きい」と語るなど、トライフープに奮起を促した。

無断転載・複製を禁じます
1804298 0 ニュース 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 30日の今季岡山初戦を前に、大森市長を訪問した岡山リベッツの選手ら(岡山市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210128-OYTNI50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)