読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

岡山城ロゴ 忍者姿でPR

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

改修、休館に向け

手裏剣形のチラシを配布する忍者(岡山市北区で)
手裏剣形のチラシを配布する忍者(岡山市北区で)

 岡山市やおかやま観光コンベンション協会などによる「おかやま城下町物語実行委員会」が投票を呼びかけていた、岡山城をPRするロゴマークのデザインが決定した=写真、岡山市提供=。

 岡山城天守閣が6月1日から大規模改修で休館するのを前に、休館や来秋の再オープンをPRするロゴマークの3案を公表。今月5日まで投票を募っていた。

 投票総数8609票の半数に迫る4222票を獲得して1位だったのが、城主だった宇喜多、小早川、池田各氏の家紋や旗印を正五角形で囲んだデザイン案。この案を基に、五角形を実際の天守台に近い形に変え、外枠を城主の変遷を示すように矢印でつないで、デザインを完成させた。

 同実行委では22、23日の両日、JR岡山駅前などで岡山藩の忍者にふんしたスタッフ2人が、岡山城の休館を知らせる手裏剣形のチラシを配布。このほか、バック転などのパフォーマンスを披露し、ロゴマークが描かれた巻物を広げるなど、PRに努めた。

 ロゴマークはPRグッズなどに使われるといい、市の担当者は「1年以上に及ぶ改修なので、その間も積極的にPRしていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1863608 0 ニュース 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 手裏剣形のチラシを配布する忍者(岡山市北区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210224-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)