読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アート列車 整備進行<井原鉄道>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ラッピングが施された井原鉄道の「アート列車」(井原市東江原町で)
ラッピングが施された井原鉄道の「アート列車」(井原市東江原町で)

 井原鉄道で、大原美術館が所蔵する名画のラッピングが施されたディーゼル車1両の「アート列車」の整備が進んでいる。車内の網棚付近も含め約50点で彩られ、3月下旬にお目見えし、井原線(総社―神辺)を1日平均2往復する。

 デザインは、現代美術家の太田三郎さん(70)(津山市)が監修。モネの「睡蓮」やエル・グレコの「受胎告知」などを、切手風にデザインした特殊フィルムが車窓(縦95センチ、横110センチ)に貼り付けられている。

 新型コロナウイルスで鉄道の利用客が減る中、同鉄道がアート列車での連携を同美術館に提案。クラウドファンディングを活用し、改装費721万円を1か月半で集めた。同美術館側も「美術館からファンに会いに行くイメージ」と、色の校正などを重ねてきた。

 車両外側は額縁と同じ金色で覆う予定で、太田さんは「田園風景に名画が走る非日常の空間を、乗って、見て、楽しんでもらいたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1871579 0 ニュース 2021/02/27 05:00:00 2021/02/27 05:00:00 2021/02/27 05:00:00 名画がラッピングされた井原鉄道の「アートトレイン」(井原市東江原町で)(総社市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYTNI50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)