読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

非常時への備え 体験通じ学ぶ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北区で催し

様々な保存食が並んだブース(岡山市北区で)
様々な保存食が並んだブース(岡山市北区で)

 展示や体験を通じて防災について学ぶ「みんなのぼうさいフェスティバル」が18日、岡山市北区のイオンモール岡山であり、家族連れらが非常時への備えなどについて学んだ。

 全労済岡山推進本部が主催し、防災活動に取り組むボランティア団体や岡山大などが展示やワークショップを提供。保存食を紹介する展示ブースでは、糖尿病の人でも食べやすい低カロリーのレトルトカレーや、缶詰にしたチョコレートケーキなどが紹介されていた。

 このほか、仮想現実(VR)技術で地震による被災状況を疑似体験できるコーナー、災害救助犬の実演などが行われていた。

 地域で防災に関する勉強会に携わっているという美咲町の農業難波誠典さん(52)は「様々な種類の保存食や防災グッズの実物を見ることができ、何をそろえておくべきかの勉強になった」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1994282 0 ニュース 2021/04/19 05:00:00 2021/04/19 05:00:00 2021/04/19 05:00:00 様々な保存食が並んだブース(岡山市北区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210418-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)