読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ感染最多114人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

知事「旅行キャンセル考えて」

 県などは2日、114人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの感染者は昨年12月20日の111人を超えて、過去最多となった。県内の感染者は4136人(再陽性1人を含む)。また、高齢者1人が死亡し、死者は45人となった。伊原木知事は臨時記者会見で感染対策の徹底と不要不急の外出自粛を改めて強調した。

 感染者の内訳は、岡山市63人▽倉敷市39人▽玉野、津山市各4人▽総社市2人▽浅口、備前市各1人。岡山、倉敷市も1日あたりの感染者が最多だった。

 岡山市は通所介護施設で新たにクラスター(感染集団)が発生し、これまでに利用者と職員の計7人が感染した。倉敷市では利用者や職員計8人が感染したとして、高齢者福祉施設がクラスターと認定された。伊原木知事は会見で、対策を行っている人も感染していることに触れ、「危機的状況。連休はステイホームしかない。旅行のキャンセルを考えてほしい」と訴えた。

 感染者の急増を受け、県は法律に基づく営業時間の短縮要請に初めて踏み切った。岡山市中心部の飲食店など約2500店を対象に、3~16日の時短営業(午前5時~午後8時)を求める。県は要請に従った店舗に支払う協力金の経費として16億5000万円を盛り込んだ補正予算を専決処分したことを発表した。

無断転載・複製を禁じます
2027346 0 ニュース 2021/05/03 05:00:00 2021/05/03 05:00:00 2021/05/03 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)