読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新たな変異型 19人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県内コロナ133人感染

 県などは11日、133人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は5257人(再陽性1人含む)となり、岡山市で基礎疾患のある高齢者1人が死亡した。死者累計は62人。

 感染者の内訳は、岡山市89人▽倉敷市14人▽井原、総社、高梁、赤磐、浅口市で各3人▽備前、玉野、瀬戸内、真庭市、早島町で各2人▽笠岡、新見市、和気、美咲、吉備中央町で各1人。

 岡山市の感染者のうち、40人が感染経路不明。年代別では、20歳代が35人で最も多く、全体の約4割を占めた。倉敷市で90歳代以上の女性の陽性が判明し、関係先の高齢者福祉施設の感染者が計5人となり、市内27例目のクラスター(感染集団)になった。

 一方、県は、すでに公表されている69人から変異したウイルスが確認されたと発表。このうち50人は、すでに県内で蔓延まんえんしている英国型だったが、19人からは新たに「E484K」の変異ウイルスが初めて確認された。

 E484Kは、ワクチンの効果が落ちる恐れがある一方、英国型に比べると感染力は弱いとされる。東京や東北などで感染例がみられるが、県内へ持ち込まれた経路は不明だという。

無断転載・複製を禁じます
2044772 0 ニュース 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)