読売新聞オンライン

メニュー

豪雨関連死の情報公開求める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岡山弁護士会、会長声明

 岡山弁護士会(則武透会長)は20日、西日本豪雨の被災者の住宅確保や、災害関連死の情報公開などを求める会長声明を発表し、国や県などに発送した。

 声明では、大勢の被災者が仮設住宅で生活していると指摘。災害公営住宅のさらなる建設や、仮設住宅の入居期限延長の要件緩和などを要請した。

 また、災害関連死についても、死亡原因や経緯の情報公開が不十分として、より多くの事例を分析し結果を公表することを要望。開示が進むことで、将来、再発を防げるとした。

無断転載・複製を禁じます
2223379 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)