読売新聞オンライン

メニュー

<Tokyo 2020+>原田活躍 母涙「夢のよう」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ソフト 父はガッツポーズ

原田選手をテレビで応援する康位さんと留美さん(総社市で)
原田選手をテレビで応援する康位さんと留美さん(総社市で)
軟式野球をしていた小学生時代の原田選手(両親提供)
軟式野球をしていた小学生時代の原田選手(両親提供)

 東京五輪の開会式に先駆け、21日に行われたソフトボールは、日本代表が豪州代表を破り白星スタートを切った。試合には総社市出身の原田のどか選手(29)が1番・右翼で先発出場。勝利を決定づける犠飛を放つなどの活躍をみせた。

 原田選手の実家では、父の 康位やすのり さん(56)と、母・留美さん(56)が、「JAPAN」のユニホーム姿でテレビ観戦をした。四回裏、原田選手がセンターへ犠飛を放つと康位さんは小さくガッツポーズ。コールド勝ちを決めると留美さんは「夢のようです。こんな日が来るなんて」と涙ぐんだ。

 原田選手は両親と4人きょうだいの6人家族で育った。かつて暮らしたアパートでは6人で並んで寝る仲の良さで、小学3年で野球を始めた原田選手の試合を、家族で応援に行った。県立岡山南高時代、野球とソフトボールの両方で好成績を残した原田選手は、ソフトボール実業団の名門・太陽誘電に加入。

 順調に見えた競技人生だったが、5年ほど前、「もう、辞めて実家に帰るけん」と、泣いて電話をしてきた夜があった。留美さんは理由を聞かず「もうここまで頑張ってきたから、帰ってきたらええが」となだめた。ふっきれたのか、それから泣き言は一切言わなくなり、「競争に勝ち抜いて、何としても東京五輪に出る」と口にするようになった。

 そして迎えた夢の舞台。20日夜には、家族のLINEグループに、〈いよいよ明日最っ高の舞台に立ってきます。色々あったけど、最高に楽しんできたいと思います。みんなありがとう〉とメッセージが届いた。

 「周囲に支えられ、この日があることを、のどかもわかっている。五輪が開催されるだけで、感激です」。そう語る留美さんのスマホに、豪州戦を終えた直後の原田選手から〈初戦とにかく勝ててよかったです また明日から応援お願いします!!〉のメッセージが届いた。見つめる留美さんの瞳から、大粒の涙がこぼれた。

無断転載・複製を禁じます
2225834 0 ニュース 2021/07/22 05:00:00 2021/07/22 05:00:00 2021/07/22 05:00:00 ソフトボール豪州戦に出場した原田のどか選手をテレビ観戦で応援する父・康位さん(右)と母・留美さん(21日午前、総社市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-OYTNI50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)