読売新聞オンライン

メニュー

コロナ感染30人超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県などは21日、県内で33人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者数が30人を超えるのは、6月3日(31人)以来。県内の感染者数は7749人(再陽性1人含む)で、死者はなかった。

 感染者の内訳は、岡山市14人▽倉敷市13人▽総社、井原市各2人▽真庭、赤磐市各1人。

 岡山市では、接待を伴う飲食店で従業員9人(市外在住者1人含む)の感染が判明。市はクラスター(感染集団)と認定し、濃厚接触者の追跡を行っている。また、すでにクラスターに認定されている浅口市の学校で、あらたに生徒1人の感染が判明した。

 また、県は、すでに感染が公表されている2人が、インド型(デルタ型)の可能性のある「L452R」の変異を持つウイルスに感染していたと発表した。県の担当者は「若年層のクラスターが相次ぎ、デルタ型も広がりつつある。あらためて感染防止策を徹底してほしい」としている。

 一方、21日は国の飲食店支援策「Go To イート」の食事券や、県のプレミアム付き交通券の販売がスタート。いずれも感染状況を見ながら、当面は販売を継続するという。

無断転載・複製を禁じます
2225836 0 ニュース 2021/07/22 05:00:00 2021/07/22 05:00:00 2021/07/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)