アルパカ すっきり夏仕様

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

赤磐で2頭毛刈り

 赤磐市の観光施設「おかやまフォレストパーク ドイツの森」で20日、アルパカ2頭の毛刈りが行われ、梅雨を前にふわふわの姿から夏仕様に「衣替え」した。

飼育員に毛を刈られ、すっきりとした姿になるシェリー(赤磐市で)
飼育員に毛を刈られ、すっきりとした姿になるシェリー(赤磐市で)

 アルパカは南米アンデス山脈の高原地帯に生息するラクダの仲間。日本の夏の暑さで体調を崩す恐れがあるため、同施設では毎年5月下旬に毛刈りをしている。飼育する4頭のうち、この日はルーシー(メス・10歳)と、娘のシェリー(メス・1歳)の毛刈りが行われた。

 飼育員が大型のバリカンやはさみを使って丁寧に毛を刈り込むと、細い胴体や首が現れた。刈り取った毛の重さは2頭合わせて約5キロに達した。昨年2月に生まれたシェリーにとって初体験だったが、満足した様子で過ごしていた。

 岡山市南区から見学に訪れた長畑知善さん(55)は「想像以上の毛の量に驚いた。すっきりと涼しげな見た目もかわいらしい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3018204 0 ニュース 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)