消防救助 巧みに披露

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

隊員210人、7種で競う

 消防隊員が日頃の訓練の成果を披露する「第34回消防救助技術県大会」が27日、岡山市中区の市消防教育訓練センターで開かれ、県内14の消防本部から約210人が参加した。

ロープブリッジ渡過に挑戦する大会の参加者(岡山市中区で)
ロープブリッジ渡過に挑戦する大会の参加者(岡山市中区で)

 競技は、長さ約20メートルのロープを渡る「ロープブリッジ渡過」や、要救助者を高さ約7メートルの塔に引き上げる「引揚救助」など7種目。参加者はロープやはしごを機敏な連携プレーで操り、正確性や素早さを競い合った。

 要救助者を引っ張りながら長さ約8メートルの煙が立ちこめるコースを進む「ほふく救出」に出場した東備消防組合の岸本一馬さん(31)は「実際の救助の場面は一発勝負なので、訓練でも緊張感を持って挑んだ。これからも同じ気持ちで、現場に臨みたい」と語った。

 会場では、消防隊員の家族ら約500人が応援。消防士志望で、専門学校に通う男性(18)は「息が合ったチームプレーで隊員同士の強い信頼関係を感じた。自分もこんな消防士になりたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3120126 0 ニュース 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)