日本学生科学賞、高校の部で県代表作品決まる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第59回県生徒科学賞作品展の審査会が那覇市内で行われ、第63回日本学生科学賞(読売新聞主催、旭化成協賛)に出品される作品が決まった。

 選ばれたのは、昭和薬科大付属高校(浦添市)の「沖縄に自生する植物からの有用乳酸菌の探索2~乳発酵特性~」で、作品展では読売新聞社賞を受賞した。同高2年の成田理菜さん(17)は、「継続して調べてきた研究結果が評価されてうれしい」と話していた。

 高校の部には県内から85点の応募があった。県代表作品は今後、中央予備審査に出品される。

無断転載禁止
849457 0 ニュース 2019/10/17 10:55:00 2019/10/17 10:55:00 2019/10/17 10:55:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ