那覇市へ寄付1億円突破…首里城再建ふるさと納税

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 首里城で起きた火災で、早期再建を目指す那覇市がふるさと納税を活用し、インターネットで寄付を呼びかけたところ、開設3日目で目標の1億円を超えた。

 ふるさと納税のサイト「ふるさとチョイス」の運営会社によると、1日午後2時半にサイトを開設し、3日午後6時頃に1億円を超えた。サイトには「あの素晴らしい沖縄のシンボル・首里城が、1日でも早く再建されることを心より願っています」などのコメントも寄せられた。同市の城間幹子市長は読売新聞の取材に、「お金だけでなく、もう一度頑張ろうという気持ちもいただいた」と話した。市は募金の口座も設けている。

 同市内の商業施設広場では、首里城近くにある沖縄県立芸術大の学生や卒業生らがチャリティーイベントを開き、寄付を呼びかけた。

無断転載禁止
880252 0 ニュース 2019/11/04 05:00:00 2019/12/18 19:35:21 2019/12/18 19:35:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ