豚の埋却候補地に米軍弾薬庫の地区…沖縄の豚コレラ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄県沖縄市の養豚場で家畜伝染病「CSF(とんコレラ)」の感染が確認された問題で、同市は12日、殺処分した豚の埋却候補地に、米軍嘉手納弾薬庫地区の知花地区(沖縄市)を選んだと発表した。埋却地は別の場所に決まっているが、全てを埋却処分できない場合などに予備地として使用を検討する。

 同市では、養豚場3施設の計約4700頭が殺処分の対象。予備の埋却地を探す中で、広さや周辺への影響などを考慮した結果、同地区が候補に挙がった。市が米軍嘉手納基地(沖縄市など)を拠点とする米空軍第18航空団に協力を要請し、承諾を得られたという。

 同市の桑江朝千夫市長は「迅速に対応いただいたことに感謝している」との談話を発表。同航空団のジョエル・キャリー司令官は「地元の一員として、できることはすべてやろうと取り組んだ」との声明を出した。

 同県では、先に感染が確認されたうるま市で、3か所の養豚場の計約2000頭が埋却処分されている。

無断転載・複製を禁じます
997963 0 ニュース 2020/01/13 05:00:00 2020/01/21 17:31:14 2020/01/21 17:31:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ