豚の埋却候補地に米軍弾薬庫の地区…沖縄の豚コレラ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄県沖縄市の養豚場で家畜伝染病「CSF(とんコレラ)」の感染が確認された問題で、同市は12日、殺処分した豚の埋却候補地に、米軍嘉手納弾薬庫地区の知花地区(沖縄市)を選んだと発表した。埋却地は別の場所に決まっているが、全てを埋却処分できない場合などに予備地として使用を検討する。

 同市では、養豚場3施設の計約4700頭が殺処分の対象。予備の埋却地を探す中で、広さや周辺への影響などを考慮した結果、同地区が候補に挙がった。市が米軍嘉手納基地(沖縄市など)を拠点とする米空軍第18航空団に協力を要請し、承諾を得られたという。

 同市の桑江朝千夫市長は「迅速に対応いただいたことに感謝している」との談話を発表。同航空団のジョエル・キャリー司令官は「地元の一員として、できることはすべてやろうと取り組んだ」との声明を出した。

 同県では、先に感染が確認されたうるま市で、3か所の養豚場の計約2000頭が埋却処分されている。

無断転載禁止
997963 0 ニュース 2020/01/13 05:00:00 2020/01/21 17:31:14 2020/01/21 17:31:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ