旧海軍壕追悼の祈り、コロナで慰霊祭縮小…豊見城

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

慰霊祭で追悼の言葉を述べる下地会長(左)(13日午前9時2分、沖縄県豊見城市で)=矢野恵祐撮影
慰霊祭で追悼の言葉を述べる下地会長(左)(13日午前9時2分、沖縄県豊見城市で)=矢野恵祐撮影

 沖縄戦の戦闘地となった旧海軍司令部ごうがある海軍壕公園(沖縄県豊見城市)で13日、戦没者を追悼する慰霊祭が行われた。今年は司令部壕が公開されてから50年の節目となったが、新型コロナウイルス感染防止のため遺族を招かず、施設を管理する沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の職員のみで執り行われた。

 司令部壕では1945年6月13日、旧海軍地上部隊(約1万人)を率いた大田実中将らが自決。毎年、この日に合わせて県内外から約200人の遺族らが参加して慰霊祭が開かれてきた。

 今年の式典はOCVBの下地芳郎会長ら約20人が参列。慰霊塔の前には全国の遺族から届いた花が供えられ、下地会長が「悲惨極まる戦争の実相を語り継ぎ、平和な社会を引き継ぐことは私たちの大きな責務。世界の恒久平和をこの壕から絶え間なく発信し続けることを誓う」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1275464 0 ニュース 2020/06/13 15:00:00 2020/06/13 15:00:00 2020/06/13 15:00:00 慰霊祭で追悼の言葉を述べる沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長(手前左)(13日午前9時2分、沖縄県豊見城市で)=矢野恵祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200613-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ