沖縄鎮魂の光、きょう慰霊の日

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄戦の戦没者を追悼する「慰霊の日」の前夜祭などが22日、沖縄県糸満市摩文仁まぶにの平和祈念公園で行われた。戦没者の位牌いはいに見立てたサーチライト「平和の光の柱」が夜空を照らした=写真、木佐貫冬星撮影=。

 大規模な地上戦が行われた沖縄戦は、75年前の1945年6月23日に終結。前夜祭には約10人が参列し、黙とうをささげた。例年、約400人が出席しているが、新型コロナウイルスの影響で規模を縮小した。

 沖縄戦で父を亡くした県遺族連合会の宮城篤正とくまさ会長(78)は「遺族も高齢化している。子どもたちに戦争の記憶を正しく伝えていきたい」と話した。県・県議会主催の追悼式は23日、同公園で営まれる。

無断転載・複製を禁じます
1294957 0 ニュース 2020/06/23 05:00:00 2020/06/23 05:00:00 2020/06/23 05:00:00 「慰霊の日」を前に照射された「平和の光の柱」(22日午後9時11分、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=木佐貫冬星撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200623-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ