沖縄戦75年慰霊の日、追悼式はコロナで縮小

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

座席の間隔を空けた式典会場で黙とうする参列者(23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=木佐貫冬星撮影
座席の間隔を空けた式典会場で黙とうする参列者(23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=木佐貫冬星撮影

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者を悼む「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地だった沖縄県糸満市摩文仁まぶにの平和祈念公園では「沖縄全戦没者追悼式」が行われた。終結から75年の節目となったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、主催する県と県議会は規模を大幅に縮小し、安倍首相や関係閣僚の招待を見送った。

 式典には、玉城デニー知事のほか、県内の自治体の首長や遺族代表ら約160人が出席し、正午に約1分間の黙とうをささげた。例年は約5000人が参列してきたが、今年は新型コロナウイルス対策として人数を限定し、参列者は約2メートルの間隔をとって並んだ。

 玉城知事は「平和宣言」で沖縄戦の教訓を次世代に伝えていく決意を示し、「戦争を風化させないための道のりを真摯しんしに探り、この島が平和交流の拠点となるべく国際平和の実現に貢献する役割を果たしていく」と述べた。

 安倍首相はビデオであいさつ。「沖縄の方々には、永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいている」とした上で、「基地負担軽減に全力を尽くす」と強調した。

 また、被爆地・広島の松井一実市長、長崎の田上富久市長、国連の中満泉事務次長・軍縮担当上級代表がビデオメッセージを寄せた。

 戦後75年となり、体験者の高齢化は進む。沖縄県平和祈念資料館は、語り部として活動してきた体験者に感謝状を贈る計画を進めており、100人以上の推薦が寄せられたが、多くは80歳代で100歳を超える人もいる。

 沖縄戦などの戦没者の名前を刻んだ同公園の「平和のいしじ」には新たに30人が刻銘され、総数は24万1593人になった。

無断転載・複製を禁じます
1295769 0 ニュース 2020/06/23 15:00:00 2020/06/23 15:00:00 2020/06/23 15:00:00 追悼式で黙とうする参列者ら(23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=木佐貫冬星撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200623-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ