ロングフィン 私はイルカ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

カラフルなロングフィンは熱帯魚の尾びれのよう(大阪市中央区で)
カラフルなロングフィンは熱帯魚の尾びれのよう(大阪市中央区で)
使い方に慣れるまでは練習が欠かせない(大阪市中央区で)
使い方に慣れるまでは練習が欠かせない(大阪市中央区で)
海の生きものやカラフルな描画が施されたロングフィン(大阪市中央区で)
海の生きものやカラフルな描画が施されたロングフィン(大阪市中央区で)

 深いプールの中で、身の丈の半分ほどもある長い足ヒレがゆったりとしなる。

 女性ダイバーを中心に、人気が高まっている「ロングフィン」。カラフルなペイントや生きものの描画が施され、近頃はやる「インスタ映え」の素材でもある。

 ダイビングショップ「マリン」(大阪市中央区)では客に、イルカやクジラとともに海を泳ぐ「ドルフィンスイム」に使うことを勧めていた。海中を素早く進むのに最適だからだ。

 いつしか、ネットに投稿される動画の優雅さに憧れ、来店する人が増えてきた。

 大阪市内に住む、友人同士の坂田恵美さん(27)と丸山ひとみさん(26)もその口だが、「上手に泳げないと美しくない」と、マリンが開く講習に通う。お気に入りだという宮古島(沖縄県)の海で、イルカと一緒にインスタ映えする写真を撮るのが夢だ。

 インストラクターの上原光さん(35)が、ロングフィンで華麗な立ち泳ぎを見せながら、教えてくれた。「見栄えの良さが注目されがちだけど、習熟すれば泳力が格段に上がる。人間もイルカたちのように自由に、水の中を舞えるようになるんです」(尾崎孝)

36037 0 おおさか 写真散歩 2018/08/09 05:00:00 2018/08/09 05:00:00 メイン候補(5月30日午後8時、大阪市中央区で)=尾崎孝撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180808-OYTAI50011-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ