商店街に闘魂注入

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

人気レスラーが集まり、多くの観客が見入った布施プロレス。場外乱闘で盛り上がる場面も(東大阪市で)
人気レスラーが集まり、多くの観客が見入った布施プロレス。場外乱闘で盛り上がる場面も(東大阪市で)
「プロレス教室」でレスラーと戦う子どもたち(東大阪市で)
「プロレス教室」でレスラーと戦う子どもたち(東大阪市で)
たこ焼きやお好み焼きをイメージした顔のご当地レスラー「ふせロボくん」(東大阪市で)
たこ焼きやお好み焼きをイメージした顔のご当地レスラー「ふせロボくん」(東大阪市で)
迫力満点の戦いに歓声を上げる人たち(東大阪市で)
迫力満点の戦いに歓声を上げる人たち(東大阪市で)

 シャッターを下ろした店が増えた商店街に久しぶりに大きな歓声が響いた。

 東大阪市足代北の「クレアホール・ふせ」で10月下旬に初めて開催された「布施プロレス」。ご当地レスラー「ふせロボくん」らが登場するタッグマッチなど計5試合が行われた。

 レスラーがロープの上から相手選手に飛びかかったり、場外乱闘になったり。約400人は迫力ある試合に夢中になり、会場に入りきれない人が外にまであふれた。

 「来年は、もっと大きな会場でやりたいですね」。企画の責任者の安原武男さん(43)は、そう意気込む。

 今回、商店街に活気を取り戻そうと、布施商店街連絡会や有志らが企画した。大東市を拠点に活動する「野崎プロレス」に協力してもらうなどして準備に半年間をかけ、開催にこぎつけた。

 安原さんは「相次ぐ閉店で元気のない商店街は、ほかにもある。大阪に商店街でのプロレスを広めて、少しでも客足を戻す手助けになれば」と語る。アーケードの下で、熱気あるプロレスが見られる機会が増えるかもしれない。(里見研)

51891 0 おおさか 写真散歩 2018/12/01 05:00:00 2018/12/01 05:00:00 地元商店街のキャラクター「ふせロボくん」(中央)ら人気レスラーが集結した布施プロレス。場外乱闘で盛り上がる場面も(10月21日、大阪府東大阪市で)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181130-OYTAI50005-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ