読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大人とも対戦 猛特訓

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

これまでの対戦成績を記録したノートや写真を見ながら、思い出話に花を咲かせる恭子さん(左)と母・和代さん=枡田直也撮影
これまでの対戦成績を記録したノートや写真を見ながら、思い出話に花を咲かせる恭子さん(左)と母・和代さん=枡田直也撮影
「第35回全国小・中学生かるた選手権」中1の部で優勝した恭子さん(右端)と、中2・3年の部で優勝した姉・未佳さん(左端、和代さん提供)
「第35回全国小・中学生かるた選手権」中1の部で優勝した恭子さん(右端)と、中2・3年の部で優勝した姉・未佳さん(左端、和代さん提供)

競技かるたクイーンを育てた 本多 和代さん 57<中>

 今年、競技かるたの女性最高位「クイーン」の栄誉を手にした本多恭子さん(29)。5歳の時、母・和代さん(57)が出題した百人一首のテストに、すらすらと下の句を答え続けた。

 「試しにやってみたら、85首も頭に入っていることがわかり、本当にびっくりしました」

 百人一首の暗記は、姉の未佳さん(31)とのお風呂での日課。一緒に湯船につかるうちに、まだ幼かった恭子さんにも句が自然と染みこんでいたようだった。

 地元のかるた大会にそろって初出場した姉妹は快進撃。未佳さんは3位に、恭子さんはベスト8に輝いた。小学生になると、「小松かるた会」にスカウトされ、石川県の学校別大会低学年の部でも団体優勝を成し遂げた。

 この先も、本格的に競技かるたを続けるなら、大人とも対戦する全国大会を目指さなければならない。生半可な覚悟では勝ち進めないことは素人目にもわかっていた。

 「気持ちを確かめると、2人とも『やりたい』と即答。どんな犠牲を払ってでもやり遂げようと、私自身も心に誓いました」

 その日から、好きだったテレビのプロ野球中継も我慢して、親子3人での特訓が始まった。下の句から上の句を逆に読んでみたり、札を仲間分けしてカレンダーの裏紙に大きく記して壁に貼ったりと、和代さんなりに練習法を考え続けた。

 「娘が『もう5分しかない』と口にすると、『あと5分もあるじゃない』とプラス思考を意識づけ、毎日必ず札にさわることだけは続けてきました」

 めきめきと力をつけた恭子さんは、1999年3月、「全国小・中学生かるた選手権」小学2年以下の部で、1年生ながら全国3位となって注目を浴びた。翌年、優勝を果たすと、中学2年まで同選手権の各世代別部門で優勝を続け、「7連覇」を達成。未佳さんも小学4年でB級入りを果たして周囲を驚かせた。

 和代さんは、各地で開催されるかるた大会を調べては、せっせとエントリー。石川県小松市の自宅から、静岡、大阪、和歌山、東京などへ、月に1、2回は遠征して腕を磨かせた。

 和代さんは、当時、焼き鳥店を経営していた夫(60)とともに店を切り盛り。午前1時半頃、レジを閉めて後片付けを終えると、娘たちの布団を敷いたワゴン車におにぎりを積み込み、一家で高速道路をひた走った。

 「早朝、最寄りのサービスエリアで歯を磨き、会場入りするのが本多家流。一睡もせずに運転し続けた主人は、子どもたちが対戦している間に仮眠をとって帰りに備えていたので、『簡単に負けてくるなよ。決勝まで残って時間を稼いでくれよ』ってハッパをかけてましたね」

 家族で全国各地を訪れたものの、観光を楽しむ時間の余裕はなかった。姉妹の楽しみは、帰り道のサービスエリアで買ってもらえるアイスクリーム。それも、対戦成績のよかった方が豪華なアイスにありつけるシビアなルールだった。

 平日の練習は夜に約2時間。休日は7時間に及ぶこともあった。和代さんが掃除機をかけたり、包丁で野菜を切ったりしながら上の句をそらんじ、姉妹で札を取り合った。

 2001年1月に開催された「高松宮賜杯近江神宮全国歌かるた大会」では、大人の競技者を向こうに回し、小学3年の恭子さんがC級(初段クラス)、5年の未佳さんがB級(三―二段クラス)で優勝。優勝者は次の級へと進める規定により、それぞれB級、A級(四段以上クラス)への同時昇級を決めた。

 「後日、かるた会の方が、未佳のA級昇級を祝う会をフランス料理店で開いてくださることになったのですが、参加できるのはA級会員だけと知らされ、恭子は相当がっかりしてました」

 祝う会が間近に迫った翌月の全国大会当日、和代さんにある秘策が浮かんだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1727991 0 母なればこそ子と歩む 2020/12/25 05:00:00 2020/12/25 05:00:00 2020/12/25 05:00:00 これまでの対戦成績を記録した「かるた記」や写真を見ながら、思い出話に花を咲かせる恭子さん(左)と母・和代さん=枡田直也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201224-OYTAI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)