読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ジャンプ 小1で夢中に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「小柄だけれどとても活発な子でしたね」と、祭里さんの幼い頃を振り返る母・恵子さん=宇那木健一撮影
「小柄だけれどとても活発な子でしたね」と、祭里さんの幼い頃を振り返る母・恵子さん=宇那木健一撮影
世界選手権で女子高飛び込み東京オリンピック代表内定を確実にした祭里さんの演技(2019年7月、韓国・光州の南部大市立水泳センターで)=原田拓未撮影
世界選手権で女子高飛び込み東京オリンピック代表内定を確実にした祭里さんの演技(2019年7月、韓国・光州の南部大市立水泳センターで)=原田拓未撮影
プールで水遊びをする1歳7か月の祭里さん(2002年8月撮影、恵子さん提供
プールで水遊びをする1歳7か月の祭里さん(2002年8月撮影、恵子さん提供

飛び込み東京五輪代表を育てた  荒井(あらい)   恵子(けいこ) さん 51<上>

「本人の自主性にまかせサポート」

 東京オリンピック開幕まで4か月余り。女子高飛び込みに出場予定の武庫川女子大2年、荒井祭里まつりさん(20)(JSS宝塚)は、コロナ禍の厳しい環境で最終調整に励んでいる。夢の舞台に向かってひた走る娘との日々を、母・恵子さん(51)に語ってもらった。

 しなやかに回転した体が水面に吸い込まれていく――。2019年7月、韓国で開催された世界選手権。東京五輪代表内定をかけた戦いを目の前で繰り広げる娘の姿を、恵子さんは夫(51)と一緒に見つめていた。

 「決勝進出の12位までに入れば、オリンピックの切符を手にできるという大一番。海外まで観戦に行ったのは2人とも初めてのことでした」

 ビルの4階にあたる高さ10メートルもの台からジャンプする高飛び込みは、2秒足らずの間に、いくつものひねりや回転技を繰り出し、その完成度と入水の美しさを競う。

 5回の演技を全て終え、電光掲示板に10位と祭里さんの名前が表示された瞬間、「よっしゃ」と声を上げた夫と握手。翌日の決勝を待たずして早くもネットに〈代表内定確実〉の速報が流れると、喜びがこみ上げてきた。

 「よくやったね。これまでの努力が実った。今日まで頑張ってきたかいがあったねって」

 祭里さんが水泳を始めたのは生後6か月。もっとも、恵子さんがマタニティースイミングに通っていたので、お腹の中にいた時から、と言えなくもない。

 「私自身、もともと泳ぐのが好きだったので、3人の娘たちはみんな赤ちゃんの頃から水に親しませました」

 3人姉妹の真ん中としてのびのびと育った祭里さんは、運動神経抜群のおてんばさん。3歳になる頃には、ブランコで立ちこぎをして周囲をハラハラさせ、ジャングルジムも難なく頂上まで登り切った。4歳の時には、うんていから落ちて右手骨折という“武勇伝”まで残る。

 「とにかくじっとしていない。いつも公園を走り回っていて、一輪車でもローラースケートでも、気がついたらいつの間にかできるようになってましたね」

 毎冬、家族で楽しんでいたスキーも体重移動がスムーズで、コツをつかむのが早かった。幼いながらも、けっこう難しいコースを果敢に滑り降り、周囲を驚かせた。

 ベビースイミング時代から通い続けたのは、兵庫県伊丹市の自宅近くにある「JSS宝塚スイミングスクール」。いつも泳いでいたプールの横には、高さ1メートルと3メートルの弾む板を備えた飛び込みプールがあった。コーチから「飛んでみない?」と誘われたのは小学1年の時。

 「ジャンプするのが楽しかったみたいで、すっかりはまってました。でも、まさか飛び込み競技の道に進むなんて考えもしていませんでした」

 恵子さんは小学生の頃、器械体操を習っていたこともあり、そろそろ体操教室に通わせようかと考えていた。見学にも連れて行ったが、小学2年だった祭里さんが選んだのは、飛び込みの育成コースだった。

 「勉強でも習い事でも、あれをしなさいとか、これをやめなさいとか、強制したことはないですね。良くも悪くも口を出さない。本人の自主性にまかせ、選択した道をサポートするよう心がけてきました」

 遊び感覚で飛び込みを楽しんでいた祭里さんだったが、小学4年で選手コースに上がると、競技会に向けて宙返りなど本格的な技の習得がスタート。練習もがぜん厳しくなり、「飛べ!」と何度コーチに促されても踏み切ることができず、3メートルの板の上で立ち尽くしていることも少なくなかった。

 祭里さんが初めて10メートルの台に立ったのは5年の夏。水面をのぞき込むと足がすくんだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1889498 0 母なればこそ子と歩む 2021/03/06 05:00:00 2021/03/05 22:25:47 2021/03/05 22:25:47 「小柄だけれどとても活発な子でしたね」と祭里さんの幼い頃を振り返る母・恵子さん=宇那木健一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210305-OYTAI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)