読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

近代化「西」からも衝く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

渋沢が揮毫(きごう)した「順理則裕」の額。東洋紡本社ビルに大切に掲げられている(大阪市北区で)
渋沢が揮毫(きごう)した「順理則裕」の額。東洋紡本社ビルに大切に掲げられている(大阪市北区で)

渋沢栄一と商都・大阪

 「日本の資本主義の父」と呼ばれ、新1万円札の肖像にも選ばれた渋沢栄一。その生涯を描くNHK大河ドラマ「青天をけ」も始まって、注目度は急上昇中だ。

 東京を中心に業績が語られがちな渋沢だが、改めて足跡をたどると、幕末から明治にかけて大阪との関わりも浮かび上がってくる。

「りにしたがえば、ゆたかなり」

 渋沢は1840年(天保11年)、武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で藍染めの原料を生産する農家に生まれた。幕臣となり、パリ万博使節団の一員として欧州などを訪ね、先進の技術や社会制度を学んだ。

 明治維新後は新政府の大蔵省に出仕。退官して製紙や紡績、鉄道などの会社設立や育成に関わり、その数はおよそ500社にのぼる。

 繊維大手「東洋紡」(本社・大阪市北区)も、その代表格の一つだ。1882年に設立された前身の大阪紡績は、日本が紡績の分野で世界的な地位を獲得するきっかけをつくり、大阪の繁栄の礎となった。

 東洋紡は、渋沢の座右の銘「順理則裕じゅんりそくゆう」を、今も企業理念に掲げる。「りにしたがえば、すなわちゆたかなり」。大切なのは道徳と経済を一致させること――。渋沢の信念は、現代の企業の社会的責任(CSR)の考えを先取りするものだった。

会社「所有」に拘泥せず

 1906年には、官設の鉄道・東海道線だけでは輸送力が足りなくなるとみて、「京阪電鉄」(本社・大阪市中央区)を設立し、京都―大阪間をつないだ。京阪は関西の5大私鉄の一つに成長。関西には、鉄道事業と沿線開発で国鉄の向こうを張る「私鉄王国」が築かれた。

 両社をはじめ多くの有名企業を生んだ渋沢だが、大株主やオーナーとして会社を「所有」することには拘泥しなかった。大阪の経済史に詳しい宮本又郎・大阪大名誉教授は「所有にこだわらず、次々と新しい事業への投資を続けた渋沢は、現代の経済用語で『アクセラレーター(新規事業を支援する組織や投資家)』の存在だった」と指摘する。

 著書「論語と算盤そろばん」で渋沢は、「正しい道を踏んで」利益を得た者は「よく集めよく散じて」社会を活発にすべきだ、と説いた。商人が社会の主役に躍り出たこの時代に、渋沢や、彼と志を同じくする実業家たちが商都・大阪を大きく躍進させていった。

(彦坂真一郎)

 激動期に日本の発展をリードした希代の経済人・渋沢栄一。4月の「New門@大阪」は、渋沢と同じ時代を生きた大阪の経済人との関わりを交えつつ、渋沢と商都・大阪をテーマに掲載します。

 ◆渋沢栄一が様々な場面で話した「訓話」を集めて1927年(昭和2年)に刊行されたのが「論語と算盤」だ。当時の日本はもうけ至上主義が横行し、現在の経済白書にあたる文書に「詐欺を以て商業の本旨なりと見做さるゝに至れり(詐欺こそ商業の本質とみなされるようになった)」と記されるほどに退廃していた。それを憂慮した渋沢は、論語などの古典をひいて「信用」の大切さを訴えたのだった。

無断転載・複製を禁じます
1988528 0 New門@大阪 2021/04/16 05:00:00 2021/04/16 05:00:00 2021/04/16 05:00:00 東洋紡に残る渋沢栄一が揮毫した「順理則裕」の額(大阪市中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210415-OYTAI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)