読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

花園に車椅子スポーツ場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

車椅子ソフトボールのエキシビションマッチを楽しむ参加者ら(東大阪市で)
車椅子ソフトボールのエキシビションマッチを楽しむ参加者ら(東大阪市で)

東大阪市、本格屋外コート整備

ソフトボールなど6競技■障害、年齢超え一緒に

 東大阪市花園ラグビー場敷地内に、屋外では国内初となる本格的な「ウィルチェア(車椅子)スポーツコート」が整備された。来年開催予定の東京パラリンピックに向けて障害者スポーツに注目が集まる中、市は障害や年齢にかかわらず楽しめるスポーツとして広めたい考えだ。(南恭士)

 コートは、市花園ラグビー場第1グラウンドの東隣に整備され、来年2月から供用を始める予定。敷地面積は約4540平方メートル。ソフトボール、バスケットボール、ハンドボール、ラグビー、テニス、ボッチャといった車椅子スポーツ6競技に対応している。車椅子の機動性を保つため、クッション性のある素材の層を塗り重ね、遮熱性も高めた。テニスの全米オープンが行われるコートと同様の素材という。

 選手をサポートするため、敷地内には電動ベッドやAED(自動体外式除細動器)を配備した救護棟やトイレも設置。競技用車椅子22台のほか、暑さを和らげるミスト冷風機などの貸出品も備えている。

 「ラグビーのまち」として知られる市は、スポーツを通じたまちづくりに力を入れており、近年は車椅子スポーツの普及、発展に力を注ぐ。2017年に市内の駐車場用地を「市ウィルチェアースポーツ広場」に整備し、今回の本格的なコートには備品を含めて約2億3000万円をかけた。

 市は「障害の有無、性別、国籍に関係なく、みんなが一緒に遊べる共生社会の実現を目指す」との理念を掲げる。新コートでは、障害者と健常者が一緒に競技を楽しめる「車椅子ソフトボール」や車いす体験イベントなどを開く考えだ。

 11月には日本車椅子ソフトボール協会とパートナーシップ協定を締結。全国大会や国際大会などの開催で連携・協力していくことを決めた。

 今月5日には竣工しゅんこう記念式典があり、女子ソフトボール元日本代表選手と地元の子どもたちのソフトボールチームによる車椅子ソフトボールのエキシビションマッチを開催。6日にかけて全国6チームが参加した「車椅子ソフトボール東大阪花園大会」も開かれた。

 女子ソフトボール元日本代表で、日本車椅子ソフトボール協会長の高山樹里さんは「車椅子スポーツは練習場所などが限られてしまう。こういうコートがあれば、交流試合などもできる。ここから車椅子スポーツを発信していければ」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1703249 0 ニュース 2020/12/16 05:00:00 2020/12/16 05:00:00 2020/12/16 05:00:00 車椅子ソフトボールのエキシビションマッチを楽しむ参加者ら(東大阪市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201215-OYTNI50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)