読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ドローン測量術 貝塚で・・・市が新施設

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

広大なフィールドでドローン操作を学ぶ市職員ら(貝塚市で)
広大なフィールドでドローン操作を学ぶ市職員ら(貝塚市で)

操縦講習や検定会場に

災害調査など活用策発信へ

 災害現場の調査や測量に欠かせない小型無人機・ドローンの操縦を学ぶ施設「ドローンフィールド」が、貝塚市橋本にオープンした。全国的にも珍しい「レーザー測量」設備を常設。飛行が認められた郊外にありながら関西空港や高速道路に近く、市は「全国から関係者が集まり、ドローン活用策を発信する拠点にしたい」と期待を高める。(北口節子)

 市が「市立ドローン・クリケットフィールド」として旧ピクニックセンター跡地の丘陵約7ヘクタールに整備。測量用の設備として、国土地理院の承認を受けた公共基準点や、上空から識別できるコンクリート製立方体(一辺約1メートル)を5個設けた。「ドローン測量教育研究機構」(兵庫県西宮市)によると、自治体が常設するのは全国的にも聞いたことがないという。

 市は同機構と協定を結び、企業や自治体職員による操縦の講習会、測量の検定会場として貸し出している。ドローンのレーザー測量は航空機より安価で、近年注目されている。無線による遠隔操縦のため、土砂崩れなどの災害現場や人が立ち入れない危険な場所でも、迅速で安全な測量ができる。木が生い茂る山間部では、葉の隙間から地表にレーザーを当て、正確なデータを割り出すことが可能だ。

 昨年12月には、市が職員向けの操縦講習会を開催。約20人が市の保有するドローン2台を順番に操作し、前後左右の移動や8の字飛行などを実践した。

 今後、市は操作できる職員を増やし、公共施設の高所点検や防災情報の収集に用いる考えだ。ドローン技術を活用した「空飛ぶクルマ」の実現を目指す2025年大阪・関西万博も追い風になるとみている。

 操縦技術を競うドローンレースの誘致も検討中で、市都市政策部の小池吉裕部長は「測量の普及にとどまらず、ドローンの活用の幅を広げたい」と話す。

 同機構の大西有三・代表理事は「レーザー測量に必要な設備がこれだけそろっていて、交通の利便性もよい場所は貴重で、関係者の注目を集めている」としている。

無断転載・複製を禁じます
1761313 0 ニュース 2021/01/11 05:00:00 2021/01/11 05:00:00 2021/01/11 05:00:00 広大なフィールドでドローン操作を学ぶ市職員ら(貝塚市橋本で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210110-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)