県内でも「令和」免許証 「新しい気分で安全運転」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

免許更新のため並ぶ来庁者
免許更新のため並ぶ来庁者

 「令和」の元号が表記された運転免許証の交付が5日、県内でも始まった。佐賀市久保泉町の県運転免許センターを訪れた人は「新しい時代に、さらに安全運転を心がけたい」と気持ちを新たにしていた。

 県警では、4月から元号に西暦を併記。同月28日まで「平成」の免許証を交付し、5日から令和に切り替えた。

 免許を更新した鳥栖市の堤敏章としのりさん(65)は、平成か令和か悩んだ末、連休中の開庁日を事前に確認して5日に訪れた。新たな免許証を受け取り、「新しい気分で、より一層、安全運転を自分に言い聞かせたい」と話していた。

 10連休中の交付は日曜日の2日間だけで、同センターでは混雑に備えて増員したが、5日は通常の日曜日より少ない約370人だった。担当者は「事前に混雑の可能性を広報しており、避けた人が多かったのだろう」と語った。6日は休みで、7日から通常業務に戻る。

無断転載禁止
568256 0 ニュース 2019/05/06 05:00:00 2019/05/06 05:00:00 2019/05/06 05:00:00 免許更新のため並ぶ来庁者 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190505-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ