みやき町「女子サッカーのまち」宣言 元なでしこ、政策助言へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

協定証を手にする海堀さん(左)と末安町長
協定証を手にする海堀さん(左)と末安町長

 みやき町は14日、スポーツ政策専門会社「リタジャパン」(東京)と連携協定を結んだ。町は「女子サッカーのまち」を宣言し、4月にも「女子サッカー推進室」を設置。同社研究員で、元なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)の海堀あゆみさんが町のスポーツ政策ディレクターに就任する予定だ。(中村明博)

 町や同社によると、女子サッカーの支援を通じて、女性が活躍できる町としてPR、交流人口や移住人口を増やし、地域の活性化につなげるのが狙いだ。

 両者が協力して、2019年度中に一般社団法人「みやきスポーツコミッション」を設立。U―15(15歳以下)の女子サッカー選手の受け皿となる県内初のクラブチームを発足させ、将来の日本代表やプロ選手の育成を目指す。町内外から選手を募り、20人態勢でスタートする予定で、選手寮を準備するなど受け入れ態勢も整えていく計画だ。

 また、町は21年度から、サッカー場などに使用できる人工芝の多目的グラウンドを整備し、22年度の供用開始を目指すという。

 町コミュニティーセンターこすもす館で行われた協定調印式には、町民ら約300人が参加。末安伸之町長と海堀さんがそれぞれ協定証に署名した。海堀さんは4月にディレクターに就任し、サッカーだけでなく、町のスポーツ全般について助言していくという。

 この日、女性の町職員が「女子サッカーのまち」として、女子サッカーを応援することを通じて、女性活躍の推進や、国際社会で活躍できる人材の育成などに取り組むことを宣言した。

 末安町長は「他の自治体のモデルになれるよう、しっかりと取り組んでいきたい」と語り、海堀さんは「みやき町と協力して、女子サッカーのまち宣言をして良かったと思えるように頑張りたい」と話した。

無断転載禁止
1000437 0 ニュース 2020/01/15 05:00:00 2020/01/15 05:00:00 2020/01/15 05:00:00 協定証を手にする海堀さん(左)と末安町長 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200114-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ