国スポ・全障スポの愛称「SAGA2023」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

愛称とメッセージを伊藤会長(右)に報告する山口知事(県提供)
愛称とメッセージを伊藤会長(右)に報告する山口知事(県提供)

 県は15日、2023年に県内で開かれる国民スポーツ大会(国スポ)と全国障害者スポーツ大会(全障スポ)の愛称を「SAGA2023」(さがにーまるにーさん)に決定したと発表した。

 メインメッセージ「新しい大会へ。すべての人に、スポーツのチカラを。」も同時に決定。山口知事が15日、東京都内の日本スポーツ協会を訪れ、伊藤雅俊会長に報告した。

 県は公募を行い、寄せられた県内外の1254件を県準備委員会で審査した。愛称は群馬県の板垣宏さんの作品「2023SAGA」をアレンジ。メインメッセージは入賞作15点を選び、その中から要素をつないで作成した。

 県によると、23年の国スポが国民体育大会(国体)から名称が変わる初めての大会になるため、新しく生まれ変わるイメージを率直に伝える内容を目指した。固定したスローガンではなく、メッセージとしたのは、様々な場面や相手に応じて変える活用方法を想定しているためという。

 県は「全ての人が自分のスタイルでスポーツを楽しみ、共感し合える喜びや感動など、スポーツの力を佐賀から発信する」としている。

無断転載禁止
1001950 0 ニュース 2020/01/16 05:00:00 2020/01/16 05:00:00 2020/01/16 05:00:00 愛称とメッセージを伊藤会長(右)に報告する山口知事(県提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200115-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ