企業誘致ビルにIT会社 嬉野市と立地協定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

協定書にサインした佐々木社長(右)と村上市長
協定書にサインした佐々木社長(右)と村上市長

 嬉野市が九州新幹線・嬉野温泉駅(仮称)の整備地近くで建設している企業誘致ビルにITコンサルティング会社「ティエスイー」(本社・東京)が入居することになり、市と同社が29日、立地協定を結んだ。

 同社は企業向けのコンピューターシステムの設計開発などを手がける。約5年前から嬉野医療センターのITシステムの導入や運用保守を担当してきた。ビルへの入居に伴い、同市や近隣地区の病院へのシステムの導入で業務拡大を目指す。

 ビルの運用開始に合わせて3月から入居し、6人の従業員でスタート。営業やシステム開発の拠点とする。今後1年間で3~5人を増員し、うち1、2人を地元採用したい考えという。

 市嬉野庁舎であった締結式で、同社の佐々木忠志社長は「地域に少しでも役に立ちたい」と語り、村上大祐市長は「地域に根ざして業績を上げてもらいたい」と歓迎した。

 市は企業誘致ビルで7区画を貸し付ける。進出が決まったのはペット保険会社に続き2社目。

無断転載・複製を禁じます
1026705 0 ニュース 2020/01/30 05:00:00 2020/01/30 05:00:00 2020/01/30 05:00:00 協定書にサインした佐々木社長(右)と村上市長 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200129-OYTNI50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ