県産素材でクラフトジン 佐賀の蒸溜所

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

完成したクラフトジン(和田さん提供)
完成したクラフトジン(和田さん提供)

 地元素材にこだわったクラフトジンを目指し、佐賀市諸富町に4月に開所した「楠乃花蒸溜所じょうりゅうしょ」が、県産のレモンやノリなどを原料に取り入れた商品を完成させた。11日から出荷する。

 日本酒から造った純米焼酎をベースに鹿島市産レモン、武雄市産のハーブ類、有明海産のノリなど計14種類の素材を漬け込み蒸留。割水には唐津市七山の天然水を使った。甘く飲みやすい「スタンダード」と、レモンを利かせた「リスボン」の2種類を製品化した。いずれもアルコール度数は45%。

 酒造メーカーを昨年退職した和田真司さん(59)(伊万里市)がスピリッツ製造免許を取得し、蒸留器はオランダから仕入れた。和田さんは「たくさんの県産素材を使ったことで、味の奥深さを出せた。今後は梅などの季節素材も使ってみたい」と話す。

 佐賀市の10店ほどのバーで取り扱いが決まっており、「バーヤマザキ」(佐賀市白山)などで楽しめる。酒屋でも販売され、スタンダードの希望小売価格は1本(375ミリ・リットル)税抜き2500円。

無断転載禁止
1266284 0 ニュース 2020/06/09 05:00:00 2020/06/09 05:00:00 2020/06/09 05:00:00 完成したクラフトジン(和田さん提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200608-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ